コリサの日々

カテゴリ:こどものこと( 8 )




2nd BirthDay

娘が2歳になり、(母は本日33歳に・・・・)なりました。

日々、元気に成長しております。

カリーパムパム (訳:きゃりーぱみゅぱみゅ)の歌が好きでDVD見て踊ってます。

“イヤなん” “どうゆ~こと?” が最近の口ぐせです。

カメラを向けると、変な顔をするようになりました・・・
(ブログでお見せすることは、自粛します)

d0163670_2041679.jpg
[PR]



by korisa-seitai | 2014-09-28 20:33 | こどものこと

おばあちゃんのおはなし。

先日、祖母と一緒にお墓参りに行きました。

その車内でのおばあちゃんのお話。

最近、祖母は、言わなくていい事や失礼な事を思ったそばから口にしてしまうらしく、

その事を反省していました。昔はそんなことなかったのに・・・と。

その一例として、体操で一緒の人(おじいさん)との会話を教えてくれました。

その人は、昔、心理系(神経内科?)の教授で、ドイツに留学していた事があるそうです。

おばあちゃんは、“なぜ、神経内科なんて学問を選んだの?目に見えて直ったりもしないのに

つまらないじゃない”みたいな事を言ってしまったことを後悔してるとの事。

その会話の続きで、

“いつドイツに留学してたの?ヒトラーが居た頃?”

“いや、もっと後になってから、ベルリンの壁があった頃。
 東ドイツに入るのは、そう難しくなかったが、出る時が大変だった”

みたいな会話をしたそうです。

私はびっくりして、ヒトラーなんていう歴史上の人物が普通に会話に出てくるとは。

そして、同じ時代を生きていたという事実に驚きました。

90年生きている。その歴史を改めて感じさせられました。


また別の時の会話で、お葬式の話になった時に、

“もう友達のお葬式に行くことはない”と言っていました。

なぜなら、友達のご主人やご家族は、友達の連絡先を知らず、知らされることがないから。

もし、連絡してもらえても、遠くまでは行けない。

そして、もし行けたとしても、90歳のおばあさんが杖をついて来られたら、気を使うだろうし、

家族と面識がない場合が多いので、会話にも困る。

また、長時間立ってることも難しいし、正座もできないから。ということでした。

でも、

“友達のご主人が亡くなった場合は、お葬式に行くことが多い”そうです。

もう90歳になると、それも難しいかもしれないけど、もう少し若かったころは、

ご主人を・・・というより“ご主人を亡くした友達を労う”ために、連れだって

お葬式に出向いたそうです。

そして、お友達の話を聞いて労い、お茶を飲みながら、色んな話をして帰ってくる・・と。

なんか、なるほど~。と思いました。

なんていうか、深イイ話のような気がします。


おばあちゃんのおはなし。

色々、興味深くて、聞いていておもしろいです。
[PR]



by korisa-seitai | 2011-05-29 18:35 | こどものこと

2010年のこと。

今年は、転地・転婚・転職と身の周りの環境が変わり、転機となる年でした。

そう書くとなんだか目まぐるしい変化の年のように思われますが、日々はゆっくりと

流れてゆきました。むしろ、自分が努力したり行動に移さない限り、停まったまま・・・

というような気さえして、思いのほか、自分と向き合う時間が長い一年でした。

知り合いの方に、カラーセラピーをしてもらった時、普段選ばない青色を選び、

(濃い青色と水色をダブルで選び)色んな解釈はあるけれど・・・「眠れてる?

大丈夫?」と心配され、睡眠は十分足りていましたが、強い孤独を感じているのかも

しれないと気付かされました。

新しいことにチャレンジする機会が増え、今までとは違った感覚や思いを抱くことが

多くありました。また、新たな出会いというか色んな方と知り合う機会にも恵まれました。

そんな中で孤独や不安も感じましたが、その分、その都度、色んな人に話を聞いてもらった

り、言葉をもらったりして、励ましてもらいました。

悩みや思いをリアルタイムで話したり、相談したりする事が、今まであまりなかったのですが

そういう思いを共有したり、人の言葉(アドバイス)によって変わっていくことも、

いいなぁと思えた一年でもありました。


なんだか、自分の日記のような事を書いてしまいましたが、

色んな方にお世話になり、支えられた年でした。このブログを見て下さっている方も含め、

本当にどうもありがとうございました!



さて、年越しそば(かきあげ作りました)も食べたし、

紅白みながら、ゆっくり年越しを楽しみたいと思います♪

d0163670_1947539.jpg
[PR]



by korisa-seitai | 2010-12-31 19:49 | こどものこと

解体工事から思いを馳せて。

ななめ隣りのお家の解体工事が始まりました。

ガシャ~ン、ガシャ~ン。

ずんずん壊れていきます。

d0163670_1711466.jpg





ちょっと薄暗いので見えにくいですが、トラックにドアが積まれています







今年の3月この家に住み始めてから、北側のお家、北東のお家、今回は北西のお家・・・

と次々に解体され、更地になっていきます。

うっそうと生えていた木や草も、一切なくなった土地を見ると、スッキリした気分だけでなく、

その土地に思い出がなくても寂しいような複雑な気持ちになります。

でも、すごく見晴らしが良くなり、遠くのお家の窓なんかが見えると、ほぉ~。なんて思ったり。

そして、新しいお家を建て始めると、その過程を見るのは楽しいし。


でも、土地や空間って不思議ですよね。

子どもの頃は、建物が建ってると、永久にそういう空間だと思っていたんです。

でも、日常風景の一部だったものが、ある日突然、姿を変えることを知りました。

昔、阪神パーク(遊園地)の近くに住んでいて、観覧車やジェットコースターは風景の一部でした。

動物たちもいて、近くを通ると、動物のフン臭かった。

冬には、突如スケートリンクが現れ、びっくりしたものでした。
(駐車場だったところが、スケート場になっていました)

賑やかだった遊園地もだんだん人が少なくなり、だんだん乗り物が減って、気がつけば

住宅展示場になっていました。

ロゴの家?とかあって、それはそれで楽しかったんですが。

そして年月が経て、今はファッションモール(ららぽーと甲子園)になっています。

思えば、空間が変わっても、人が集まる賑やかな場所であり続けていますね。


最初は、あんなに大きな観覧車も、たくさんの家も、無くなるなんて信じられなかった。

でも、大人になって、不動産の会社に入って、土地を購入し、マンションを建て、売ることを

商売としているのを間近で見て、土地には所有者がいて、土地をいかに有効活用するかを

考えており、それを買おうとしている人がいて・・・。

土地や家も商品だから、流通させることにより、利益をあげたり、製造販売として作り続け、売り続けることにより利益をあげる。

だから、まだまだ住める家でも、場所がよくて儲かりそうだったら、解体して新しい家を作ったりしちゃうんだな。。

そんな現実的なことも分かってきました。


でも、それでも、空間や建物が作られたり、無くなったりするのは不思議で、

景色がガラっと変わることに驚き、年月の経過を思い、記憶が甦ったり、薄らいだりして・・。


そんなことを考えた日でした。
[PR]



by korisa-seitai | 2010-12-20 17:41 | こどものこと

クウネルのこと。

雑誌の愛読書“ku:nel”の友の会に入り、定期購読をすることにしました。

d0163670_19144890.jpg















最新号とクウネルくんマーク入り、リネンのハンカチが届きました。


クウネルは、2か月に一回出版されるライフスタイルマガジン?です。

サブタイトルが“ストーリーのあるモノと暮らし”で、色んな場所での色んな人の生活が

紹介されていて、毎回テーマもあります。グリーン(お庭)だったり、キッチンまわりだったり、

おしゃれについて、ものづくり、郷土料理いろいろです。


私のクウネルとの付き合い方は、つかず離れずです。

まず、新しい号を買うと、ぱらぱら~っと眺めます。そして、その時に読みたいなと思った

ページだけゆっくり読みます。テーマで惹かれることもあれば、写真がいいなと思うページだったりします。

でも、全体の1/4くらいしか読みません。

で、その時はそれで終り。

それだけでも、いつも心が嬉しくなったり、新しい発見をしたような、いいことを教えてもらったような気分になります。

それで、また違う日に手に取ります。

何かつまらない気持ちになったり、単純に暇だったり、いいことないかなぁ。。みたいな気持ち

の時に眺めます。

面白い連載なら、今までのバックナンバーも一緒に読んだり。

半年前に買った号のページを初めて読み、おぉ~と心が熱くなったり、します。

今もまだ読んだことのないページがたくさんあります。

お楽しみというか、必要な時に出会うであろう文章(内容)なのかも。なんて勝手に思ってます。


だから、クウネルは他の雑誌とは違うんです。

ファッション雑誌だったら、流行があり、今必要な情報、提案される情報、役にたつ情報を

得たいと思って見ます。ざ~っと流し読みをしたりして、いっぱいいっぱいになったりします。

頭や目が反応する感じです。

他の情報誌やライフスタイル雑誌もテーマが気にいったら読んだり、買ったりします。

でも、クウネルは、どんなテーマだろうと読みたいし、自分の求めているもの以上のものや、

以外のものが載っています。そして、心が反応します。

自分の中では雑誌というより、読み物や写真集、絵本といった位置づけなのかもしれません。


友の会に入って、知ったのですが、クウネルの編集部は4人だそうです。

そうかぁ、だからひとつひとつの文章が丁寧でじっくりな感じなんですね。


クウネルの魅力を大げさに言うと、“わくわくの素”

生き方の幅をひろげる大切な気持ちがつまっていて、大好きな雑誌です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックにご協力お願いします!


↑クリックにご協力お願いします!
[PR]



by korisa-seitai | 2010-11-29 19:58 | こどものこと

今だから、実感できること

整体のクラスで一緒のマイマイに本を借りました。

“はじめての癒しサロン オープンBOOK”
“はじめよう!「リラクゼーション」サロン”

ふむふむ。へ~。なかなか参考になることが、たくさん書いてありました。

そして、読みながら気づいた事・・・

私、コリサ整体院オープンにあたって、こういう本一切読んでなかったんだな。

ということ。

店舗を借りたり、自宅をリフォームしたり、インテリアを揃えたりすることがなく、

備品などの最小限の準備で始めたから、という事もありますが、我ながらびっくりしました。


でも、オープン前に読んでいたら、あれもこれもしなければ・・・・と必要以上に

プレッシャーを感じてたかもしれないな。とも思います。

オープンして落ち着いた今だから、実感をもってできること、必要な努力(工夫)がある

ので、今読んで良かったかな。。


やっぱり、リピーターになって下さる方や一度でも興味を持ってきて下さった方を大切に

しなきゃ☆ということを実感させられました。

マイマイ、本を貸してくれてありがとう♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックにご協力お願いします!


↑クリックにご協力お願いします!
[PR]



by korisa-seitai | 2010-10-12 22:37 | こどものこと

90本のバラ


今日は、おばあちゃんの誕生日です。


大正9年9月19日生まれの祖母は90歳になりました。


そんなおばあちゃんに、弟は90本のピンクのバラを贈りました。


d0163670_22475896.jpg


















母から、その話を聞いたとき、びっくりしました。

そんな、ドラマやマンガみたいな事をする弟のロマンチストぶりに驚きました。

まず、そんなこと思いつかないし、思いついてもなかなか行動に移す人は少ないはず。

そうかぁ。

変わってるなぁ~、あの子。。


親に、“そんなことにお金を使わなくてもいいのに”とか

“お花をもらって、段ボールから出したり、水切りしたり、花瓶に生けたりするの、大変なんだから・・・。ましてや90本なんて・・・”

と言われようとも。。



そんな弟は、おばあちゃんとお昼ごはんを一緒に食べ、

私は、弟と入れ替わりに夕飯を一緒に食べました。



90本のバラ・・・どんなんだろう?(わくわく・・)


おばあちゃんのお家の一角がお花屋さんになっていました。

d0163670_2258315.jpg
























プレゼントは、その値段や大きさではなく、気持ちが嬉しい。



花束は、“おめでとう”や“ありがとう”や“大好き”の気持ち、メッセージ。



お花を見ていると、そういう気持ちの表れ、表現だなぁ。と感じました。




お花をもらったり、美味しいケーキを食べたり、

そういうちょっと特別な気分って、やっぱりいいなぁ。



今日は、そんなことを思いました。




ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックにご協力お願いします!


↑クリックにご協力お願いします!
[PR]



by korisa-seitai | 2010-09-19 23:17 | こどものこと

海の近くで

先日、石田 千さんのエッセイ本「月と菓子パン」を読んでいて、じんわりうなづく一節がありました。

・・・・ひとづきあいは、波のようだが、浜でぼんやりしているのは変わらないから、いずれまた近しくなるとこもある。客商売は、波打ちぎわにずっと立っているような心持ちなのかもしれない。


お家で整体院をはじめて、お昼間にぽつんと一人でいる時間が長くなると、海のような広くて大きな場所にぽつんといて、ひたすら波(人)がくるのを待っているような、なんとも心細い気分になります。


このまま、誰も来なくて、この先ずっと、ひとりここで佇んでいるような・・・。




以前、海について知人と話したことを想い出します。

その人は長い間、海の近くに住んでいて、私はお家にお邪魔したことはないんですが、

玄関をあけた瞬間から海が見えて、海の上に浮かんでいるような気分になる部屋(ワンルーム)だそうです。

ほんとうに、その部屋がすきで、海のない生活なんて考えられないくらい、自分の一部になって。


でも、その部屋で暮らし始めてから、以前のように何か新しいことをはじめたり、ものを作ったりする気分にならなくなったそうです。


・・・・休みの日は、海を一日中眺めている。


それだけで、満足。それだけでいい。


海は癒しだそうです。パワーをもらう場所ではなく、溜まったものやエネルギーを発散するところ。

だから、なんとなく引っ張られる。

潮の満ちひきがあって、月の満ち欠けや重力にも影響して引っ張られる。


仕事を頑張っていてストレスフルだった日々には、バランスをとるために海が必要だった。

でも、そういう仕事をやめて、好きなことをできる時間ができても、変わらず、

海ばっかり眺めて、海に引っ張られて、他に好きなことをすることもなくなった。。




海は癒し。山はパワー。

海はエネルギーの発散。山はエネルギーの集中(充電)。

そういうものらしいです。


その人は、今の生活には、海の癒しは必要なくなった。

そう感じていたものの、海に心を奪われ、なかなか生活を変えることができなかったけど、

最近、ようやく別の場所へ移り、新たな生活をはじめました。




海の近くで想うこと。長くなってしまいましたが、

私も今年から海のちかく(須磨)に住み始めたので、身近に海を感じます。
[PR]



by korisa-seitai | 2010-09-08 10:46 | こどものこと

自宅で整体院。子育てと時々お庭。
by korisa-seitai
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

コリサ整体院

コリサ整体院  

2016年4月25日より再開します!

神戸市須磨区潮見台町3-6-21
ご予約・お問合せ 
050-3577-0550

営業日
月・火・木・金  9~12時
日のみ14~17時

            
定休日水・土曜日

メニュー:6月末まで
整体60分 :4000円
>3500円

整体90分 :6000円
>5000円

骨盤矯正60分:4500円
→4000円

since2010

HPはこちらです。→ " target="_blank">♪♪♪   ご予約はこちらから→。♪♪
ご来院をお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックにご協力お願いします!

整体の先生のHP→→。♪♪



フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧